旗を持っている2人

幸せな結婚式の写真で素敵な思い出を

背中合わせに座る2人

結婚式を挙げるか否か、最近はこの点に迷いを抱える人が増えてきているようにも感じます。少なからず、結婚式にも様々なスタイルがありますし、式以外にも思い出を残す方法はあります。
私たちの場合も、3年前にウェディングフォトで結婚の思い出を残しました。結婚式を挙げず、ウェディングフォトにした理由は、お互いに再婚だったことが大きいです。いくつかのウェディングフォトを扱う写真館などを見比べて、隣県の写真館で、ウェディングフォトを撮ってもらうことにしました。ロケーション選びは迷いましたが、チャペルで写真撮影することにして、ウェディングドレスを着させてもらうこともできました。食事付きのプランにしたので、家族も呼んで賑やかに過ごすこともできました。費用も、一般的な結婚式よりだいぶ安価に済んだのは、主婦の私にとっては大きかったです。
結婚って、本当に自分や相手、その周りの家族、友人らも含め、大きな人のつながりができる機会でもあります。そんなかけがえのない人たちをこれからも大切にしながら、辛くなったりした時はウェディングフォトを見て、心機一転頑張っているところです。ウェディングフォト、本当に素敵な体験になりました。

思い出に残る結婚式の写真を

ウェディングフォト、撮りましたか?結婚式をあげたカップルは、撮ったという人がほとんどでしょう。最近では、結婚式をあげずに写真撮影のみを行うカップルも増えています。ウェディングフォトと一口で言っても、実は様々な撮影方法があります。
結婚式を行う前に、あらかじめ写真撮影を行うことを前撮りといいます。前撮りでは、結婚式では着ないドレスや和装で写真が撮れたり、様々なロケーション撮影を行うことができるメリットがあります。例えば和装なら、お城や古い町並みなどで撮影ができたり、ドレスなら花畑や噴水などで撮影をすることができます。テーマを持って撮影することができるので、素敵な思い出になります。
最近増えている写真撮影のみ行う結婚式では、実際にチャペルで撮影ができる場合が多いです。指輪の交換や結婚誓約書へのサイン、誓いのキスなど、通常の結婚式と同じように行うことができます。価格も実際の挙式よりもリーズナブルな場合が多いのでとても人気があります。
結婚式を行うカップルは、挙式や披露宴の様子も撮影してもらう場合が多いです。当日の様子をアルバムにまとめてもらったり、映像化してもらうこともできます。プロにより撮影された写真はセンスがあり、一生の思い出になることでしょう。

楽しかったウェディングフォト

色々あって結婚式を挙げなかった私たち夫婦。主人の計らいで、ウェディングフォトを撮りました。事前に地元や隣県での、ウェディングフォトの取り扱いについて、インターネットなどでリサーチをして、隣県の写真館でウェディングフォトを撮ってもらうことにしました。プランナーの方と、3回の打ち合わせをしました。1回目は、ウェディングフォトのサンプル写真を見させてもらい、2回目は予算やロケーション決め、3回目は細かい部分を詰めました。プランナーの方も、ウェディングフォト経験者みたいで、色々と親身になってサポートしてくれました。
ウェディングドレスを着るか、着物にするか、ロケーションはどうするかなど、楽しく主人と悩みながら、地元の茶室(日本庭園付き)で和装でウェディングフォトを撮ることにしました。写真撮影当日は天候にも恵まれ、両家の親にも同席してもらい、楽しく幸せな時間を過ごすことができました。
今、結婚式にしても、本当に色々なスタイルがあると思います。私たちの場合は、ウェディングフォトというスタイルで、二人の結婚を形にしたわけですが、本当に素敵な体験ができたと思っています。ウェディングフォト、一度は考えてみても良いかもしれませんよ。

白無垢での結婚写真

「真っ白なドレスを着てバージンロードを歩く」そんな結婚式が最近ではメジャーになっています。だからこそ、結婚写真で白無垢姿も残しておこうと考える新郎新婦さんも増えています。白無垢はウェディングドレスとはまた違った良さがあり、日本ならではの美しさがあり、日本伝統の文化を感じることが出来ます。白無垢は一見真っ白なので種類が少ないように思いがちですが、生地の種類も様々で、生地に施されている刺繍や織りなどもたくさんの種類があります。写真で撮ると、あまりわからないのではないかと思いますが、生地の光沢などの雰囲気や模様など、写真にもしっかり写るので、それぞれの白無垢によって写真写りも少しずつ雰囲気がかわってきます。 最近では白一色ではなく赤いラインがはいっているものなども人気です。白無垢を着る際の髪型ですが、伝統的な日本髪のかつらを被ることができます。かつらにも色合いがいくつかあり、真っ黒なものから少し茶色いものまで、自分の顔にあった色合いのものを選ぶといいでしょう。もう一つ髪型を洋風にすることも出来ます。洋風にアップスタイルにした髪に和のお花を飾りとしてつけるのもとても今風で可愛いです。結婚写真はずっと残って行くものです。流行のものを取り入れるのもいいですが、日本伝統の昔からある流行り廃りのないものを結婚写真として残しておくのも、とても素敵だと思います。


結婚式の時の美しい写真を撮影したい方にうってつけのFUN Weddingで永遠の思い出を殺意してくれるのです!
結婚写真東京のファンウエディングでしか撮影できない、芸術のようは作品を見てみたくないですか?式での感動はもちろん、写真でも感動をできるのです!ぜひ結婚式の写真を東京で撮影したい方にはうってつけなのです!

New Posts

足元

フォトウェディングのメリットと種類

今までは結婚式を挙げるというのが定番でしたが、最近では経済的な問題が影響している事が多いせいか、結婚式を挙げない人が増えています。そのため婚礼衣装の写真だけは結婚の記念として撮影しておく、フォトウェディングを挙げる人が多くなっているようです。フォトウェディングのメリットは、やはり費用を安く抑えられるという点でしょう。普通の結婚式の場合は多額の費…

もっと読む

Article

結婚写真の失敗談

キスする2人

2年前に結婚しました。とりあえず入籍して、結婚式はそれから考えていく予定だったので、入籍の記念に和装で結婚写真を撮ることにしました。記念になる…

Readmore

プロに頼んで良かった結婚式の写真

仲睦まじい2人

結婚式を挙げる際、写真をどうするかプランナーさんと話し合い、写真を趣味で撮っている友人に頼んでみたい旨を伝えました。友人の撮る写真が好きだし、…

Readmore

ウェディングフォトの思い出

花を持った2人

私たち夫婦は結婚5年目。本当は結婚式を挙げる予定だったけど、身内の不幸などが重なって結婚式を挙げず入籍だけしました。そんな私たちですが、思い出…

Readmore